カルテット第6話。

カルテット第6話。

面白そうだな、と思いつつこれまでちゃんと見ていなかったカルテット。

それを今日はじめてちゃんと見た。

とても、面白かった。夫婦同士のすれ違いをリアルに描いていた。

人間を映しているな〜と、全体的に感じた。

とても等身大なドラマだなぁとおもう。

命をかける人たち。

radwimpsのドキュメントのDVDを姉が見ていた。

彼らが、音楽に、ライブに、命を懸けて、生きている姿がとても羨ましかった。

何かに命をかけることができ、

そのことで認められている彼らがとてもとても羨ましかった。

ああああああああ、僕も何か、僕も何か、できないだろうか。

素晴らしい人たち、素晴らしい作品、命をかける人たち、

そういう人を見ると、とても羨ましく、焦る気持ちが抑えきれなくなる。

何か、自分の役割を早く、見つけたい。

ありのままに、命を全部使って生きて行きたい。

そう思うのでした。

ありのまま

ありのまま生きることのなんと幸せなことだろう

ありのまま生きていられるならば、自分をいつだって愛せるのだから。

幸せに、幸せになりたい。

 

僕が僕であることで誰も傷ついたりしませんように。

誰もがありのままに愛し合って、自分を愛して生きて行けますように。

ありのままであることを確立できた人間は傷つけられないのです、決して。

だから、人を傷つけることを恐れずに、自分を、人間を愛してください。

君よ、僕よ、君であれ、僕であれ。

愛を持ち、心にままに生きよ。

 

 

おやすみなさい。

LINELIVEやってます!!!!!

LINELIVEという生放送をみたり、したりすることができるアプリがあるのだが、

それで、生放送をしてみた。

しかし、人はあんまり来ないし、することもないし、いったいどうすれば人気が出るんだろうか、という感じである。

僕的には、プロセス(成長)を見せたい、というのがあるのだけれども。

どうすれば、人気が出るんかな~

というわけで、LINELIVEしてます!見に来てね!!!

お絵描きしながら、思うこと。

そうそうそうなのよ!

いつも途上であり、いつも完成されていたい。

いつも過程であり、いつも結果でありたい。

いつも芸術家であり、いつも作品でありたい。

そう思うのは自然なことだ。

変わってゆくことは過去の破壊でも自分の破壊でもないのだ。

義務でもない。

ただ、そうあることが自然で、そうあることを人は喜び、愛するのだ。

人は人にとっての自然を守って生きて行くべきだ。

そう思うのでした。

読んでくれてありがとう。星くれてありがとう。

それでは、また。

f:id:kuroiame0uru:20170219000620j:image

今日は金曜日。

バイトにいった。

あんまり、かなり行きたくなかった。

やめようかなと思った。まだ、始めたばっかりなのにね。

でも、バイト先に行ってもやもやしながらでも動いていると、そんな不安も和らいできた。

なんでもやる前は不安なもんだな。

やって見ないと怖がらないでいいって気づけない、なんでも。

そう思うのでした。

だから、大変そうに見えることでも、大きな夢でも小さな目標でも、

やりたいことがあってもなくても、正しくても間違っていてもとりあえず

始めてみればいいんだなと思う。

間違っていいっていうことではない、ただ、間違いは絶対あるし、

間違いは正せる、と信じている。

精一杯生きて行きたい、そう、いつも思う。

僕は17歳。

 

どうも、こんにちは。

俳優、声優、画家志望の加藤潤と申します。潤はうるうと読みます。

右も左も、上も下も、朝も夜も何にもわからないですがとりあえず始めてみます。このブログを通して、僕の人生について、僕と家族について、将来について、いろいろなことをいろいろな人と語れたらとてもうれしいなと思っております。

僕がこのブログを使ってしたいことは、僕自身の生きてきた軌跡、生きていく軌跡の記録です。

具体的には、自分自身の目標を掲げて、成長していくさまを記録したいなと思っています。例えば、英語をしゃべれるようになるとか、演技力を向上させるとか、絵をうまく描けるようになるとかね。

僕が成長していくプロセスを見せていきたいのです。そして、このブログを読んでいるみんなの励ましになることができれば、本当に本当にうれしいです。

いま、不器用で何にもできない僕が成長していく姿を見ていてください。

応援のほど、よろしくお願いします!!

 

【プロフィール】

役者志望の17歳。同性愛者。最近、N高等学校に転学。これからネット上で様々な活動をしようと考えている。

twitter     @uru_erica

f:id:kuroiame0uru:20170217014003j:plain