読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩を書く気分。

「夢に追われる僕は」

 

いいな、いいな、いいな

羨ましがってばかり、焦ってばかり、

頭の中は片付かない。

結論や答えや正しさなんて見つからない。

「見つかった」と、思っても、

その感覚はするすると僕の体から抜け落ち

そして、探しに行くのだ。何度も、何度も、

のたうちまわりながら、胸かきむしりながら。

何度も、何度も、何度も。

 

「ぼくリズム」

 

潜水艦になろう。

追いかけることは辛いから。

潜水艦になるのだ。

光が眩しすぎるから、

バラが欲しくて欲しくて苦しくなるから、

ぎゅっと目をつむるのだ。

理想の世界はあたりまえではなかった。

美しいものは求めれば求めるほど、遠くへと…

今はただ、僕であるために

ぎゅっと目をつむるのだ。