くんなくんなくんなくんな

なくななくななくなくなくな

僕はもう疲れた、もうすこし、もう疲れた

ラクしかしてない人生

ラクしかしてない人生

割には不幸だ

ラクしかしてない人生

逃げてばっかりの人生

愛がないから

やっぱり耐えらんない

何もできない

きっと、愛がないから

愛してほしいだけなの

自分を愛する意味がないと、生きられないの

あああ、もう無理

もう  無理

私は死

私はいつか死ぬの

私はここにいるの

楽しくなんてないけれど

苦しくなんかないけれど

確かにここ 息している

ここ 存在させてる

私を殺すもの

私を殺すあらゆる宇宙を破壊したい

破壊して、ぐちゃぐちゃにして

僕は涙も出ないのだ

涙を流すことができるほど、夢中になりたい

いつか、 いつか、 いつか、

涙を流せるほど

恥ずかしげもなく

だだ、だだ、ただ、

存在したい

命に夢中になれるのならば

僕は生きる僕をいかせるのでしょうか

 

 

 

宇宙は宇宙は宇宙

いろはいろいろいろ

ぼくはぼくはぼく

あああ、やっぱりもうだめだ

明るいものは嫌いなんだ

仲間外れはさみしいよ

僕が僕でロックで僕で

許されざるものだなんて誰も言わなかった?

僕がそう決めてしまった

許されざる 許さないのは僕だった

いろはいろいろといろいろで色褪せ

僕は音を飲み込んで

僕は四肢を切り刻んで

おなかいっぱいだったから

あんなに美しいはずのものも

うまく生きられなかっ      た

インセンティブと価値

インセンティブのために行動するとき人間は、そうでない場合に比べ、問題解決や目標達成に対する能力が落ちるということは何世紀も前から実験により証明済みのことらしい。

それは、人間が「今の価値」のために行動することが自然であることの証明でもある。インセンティブのために行動するということは、言い換えれば、「未来の何らかの成果」のために行動するということだ。しかし、そこでは、未来の不確かな価値のために今を無視した(とその当事者が感じる)状態ができるため、行動の当事者は今現在の行動に集中できず(なぜなら、価値があるのは今ではなく、結果が訪れる未来と過去の実績のみであるから)、結果的に行動の能率も下がるのである。つまり、インセンティブを重視する考え方(成果至上主義)とは、今現在に対する無価値感を増幅させる作用を持っているのである。これに対処するためには、プロセスや挑戦自体、生きていること自体への価値感(=自己肯定感)を高める必要性がある。そうすることによって人間は、今現在の行動に価値を見出すことができ、より、安定的に(精神的)幸福を感じながら生きられるようになる。それに伴って、人間の創造性が大きく開花し、人間社会の様々な問題が解決され、それによりさらに多くの人々が幸福を感じられるようになる好循環がおこることが予想される。つまり、環境(インセンティブ、外的要因)によって、精神の幸福が決まるという考え方にコペルニクス的転換をおこし、幸福というものをより主体的なのとしてとらえるべきだということである。具体的には目標達成や問題解決のみに価値を置くのではなく、そのために行動できること自体に価値をおくべきということだ。そして、そのように思えることを私たちはするべきなのである。

一直線に突き進まねばと思った。

今日は叔父様に久しぶりに会って話した。

なかなか、やりたいことを行動に移せない僕の状態を見抜いてくれたようで、

やりたいことあるなら、一直線に行動した方がいい!といわれた。

うだうだ考えてるうちに「やりたいこと」やれなくなるぞ、

お前はやりたいこと決まってるんだから、それ以外のことは考えず、命かけてやればいいだけの話だろ、と。

それを聞いて、少しショックだったけど、胸のつかえがとれたようなすっきりした気持ちになった。

今まで、(「普通」の人生に)よそ見して、不安になったり、

目的を見失って、自分は今「やりたいこと」をできていないと焦ってばかりいたから。

でも、その言葉を聞いて「やりたいこと」を「やるため」のことしかしないと決めたら、

きっと、あらゆることに価値を感じられるのだと思った。

全部、価値(やりたいこと)につなげられるのだから。

 

 

やりたいことあるんだから、それに命を懸けていった方が幸せだ。

なんで、こんな簡単なことに気づかなかったんだろうって感じです。

それがもし思ってたのと違って、あんまやりたいことでもないってなったら、

また、他にやりたいこと見つけて命かければいいだけのことだしね。

僕はどうやら、一度にたくさんのことをできるように器用にはできてないみたいだけど、

人は何かに命を懸けていれば、

未来なんて全然不安じゃくなるぐらい今を強く、価値的に生きられるもんなんだと思います。

未来もまた、今なんですから。

今日は面白くて尊敬できるアフィリエイターさんにも出会えたし、

叔父さんにも素晴らしいアドバイスをしてもらえたし、本当にいい1日だった。

すっげー、駄文になっちゃった。おやすみなさい。

 

ゲイとして生きるということ!

僕はゲイです。

目をそらさないでいただきたい

僕はゲイですよ。

男の人が好きなんです。

男の子が好きなんです。

なんだかんだ、見ない振りされてますけど、

僕、ゲイですから。

差別なんて、むしろしてほしいくらいですよ。

僕はここにいるんですよ!

ねえ、見ない振りしないで!

僕は男とセックスするんです。

君が女の子とセックスするようにね。

ねぇ、見ない振りしないで?

認めてやってください。

僕はここにいるよ?

 

僕は、僕という命を、その愛を表明します。

僕は、さげすまされ、目をそらされてきた「僕」を見つけたいのです。

僕らの命が、これ以上ないほどに、命を叫ぶことができるように。

17歳のゲイ、自分のために人を愛そうと思う。

みなさん、こんにちは!

17歳でゲイで通信制高校に通う、

病みギミ!

青春こじらせギミ!

承認欲求不満ギミ!

人生負け組確定ギミ!

ドS彼氏でヤンデレな彼氏募集ギミ(?)!

わたくし、カトウ ウルウと申します

 

えー、唐突ですが、

最近、僕(「14歳の哲学」って本よんだり、「夜と霧」って本よんだりして)

「自分にとって良いことをする」

という人生のテーマの一つを見つけたわけなのですが、

具体的には自分にとって何がよくて何が悪いことなのかという基準がなかった(あいまいにしていた)。

そして、

正しさや善や、良い、こと

逆に間違いや悪や、悪いこと

というのは目的が定まらなければ、

決定することができないものだということにも気づきました。

 

では、僕の目的、もとい、僕が僕に求めているものはなんなのだろうかと考えました。

僕は、幸せになりたい

そのために愛されたい

そして、自分を愛したい

 

僕は自分を愛せていないんです。

そして、誰かを愛することもできていなかった。

だから、僕は誰かを精一杯、自分らしく愛することで、

その愛を表明することで、自分を愛そうと思います。

僕は堂々と、自分のために人生を使うことにします。

真っすぐに、素直に。

真っすぐな人間になりたい。

素直な人間になりたい。

僕はこうしたいんだ!って、胸を張って自分を表現できるような人間になりたい。

自分の弱さや醜さや嫌いな部分をちゃんと見つめてあげたい。

つまり、ゴンみたいになりたいのです。

素直で、柔軟で、真っすぐで、主体的で、言葉や理論で縛られていない。

そういう人に僕はなりたいのです。